地域の中でではぐくむ
共存共栄できる保育園田端MIWA保育園

東京都住宅供給公社の住宅跡地に建設する認可保育園です。プロポーザル方式により事業主を選定、公社とは定期借地契約を、区は整備費の補助を行う。区・公社・事業主の3社の協力により実現します。

地域と共にはぐくむ保育園を作る

都市部の保育園として、園庭を屋上部分に設置し、敷地を最大限活用したPLANの保育園です。園庭を屋上に設置しため各階の面積を大きく確保したことで、保育室を1・2階に集約させています。
また、異年齢が自然と交流できるきっかけとして、オープンスペースを介した保育室の配置など、建築計画上の工夫も行っています。住宅街の中ということもあり、建物高さを抑えた外観としています。
「地域の中ではぐくむ、共存共栄できる保育園」を目指して、屋上園庭に面して、地域の皆様での活用いただく『地域交流室』を設置しています。地域の子育て支援を事業として独立させ、園のおもちゃで遊ぼう・園庭開放・離乳食講座・コンサートなどの事業を実施予定です。さらには地域の企業や店舗等との協力関係の構築の拠点としての活用も図ります。

年齢による運動能力・活動の変化に
寄り添う環境づくり

0歳から5歳まで保育室とは言っても、まったく異なる成長段階にある子どもたちの環境です。温かみのある木質感を大事にしたインテリアの雰囲気は共通させながら、年齢ごとの様々な工夫を行います。
0〜2歳児は眠っている時間やハイハイをしていることもあるため、やわらかで肌触りの良いフローリングなどの床材を採用します。
また、3〜5歳児は活動が活発化するため、やや丈夫な床材を利用する、壁には衝突防止をつけるなど工夫しています。この園では特に造形教育(水彩・油彩・粘土遊びetc)が盛んなため、水回りを適宜配置するなどの工夫も行っています。