CORPORATE TOP CONTACT

子どものシアワセ空間

SOU 建築設計室 子ども施設特設サイト

STORIES

COLUMN
【子ども施設NOW】
どんな園が求められる?
選ばれる保育園・幼稚園になるために差別化を
2021.01.29

INDEX

待機児童が多く、保育園に入りたくても入れない人がいる一方で、少子化の影響から園児がどんどん減っている園もあります。これからさらに子どもが減っていく可能性がある中で、選ばれる保育園や幼稚園になるためにはどのようなことが求められるのでしょうか。
今回は、施設の環境や教育方針など、保護者から選ばれる園になるために必要なことについて考えていきます。

園の方針を設計で実現させるには

選ばれる園であるためには、どのような環境や方針で保育を行っていきたいかを熟慮し、その希望を設計の段階で実現させることが大切です。
設計を考えるときに園の方針を組み込むためのポイントを子ども目線、保護者目線で見ていきましょう。

  • 子ども目線で考える設計のポイント
    保育園や幼稚園は、子どもにとって第2の生活の場です。毎日通うからこそ楽しく遊べて、健やかに過ごせる環境、そして子どもたちが飽きない工夫を施すことが大切です。
    例えば、園の方針が「のびのびと遊びながら、自分で工夫して考えられる子を育てる」というものであれば、体をいっぱい動かしながら、他のお友達のことを観察し、自分もこうしてみようと工夫させるような設計にする必要があります。
    室内全体を屋内遊具施設のような開放的でポップな色使いをした広々とした空間にすることで、想像力が働きみんながそれぞれ楽しく考えながら遊ぶことができます。
    また、園の方針が「子どものころから本に触れ、語彙力や想像力を伸ばす」というものであれば、本を読むことはワクワクして楽しいことだと子どもたちに感じてもらえる設計である必要があります。例えば、テーマが森のなかの楽しい図書館といったイメージで設計することで「本を読むところは楽しいところ」という気持ちが自然と根付くのではないでしょうか。
  • 保護者目線で考える設計のポイント
    保護者の目線で選ぶ基準の中で最も重視されるのは「わが子を安心して預けることができる環境かどうか」ではないでしょう。その上で、子どもたちが不安なく、快適に保育園で過ごす時間を楽しむことができる、ということも園づくりの要素として求められます。
    例えば、トイレや手洗い場の設備が整っているか、楽しんで過ごせる工夫が施されているかなどです。トイレに手すりが付いていたり、近くにお着がえ用の台などが設置してあったりすれば、「トイレトレーニングの際に安心」「トイレに失敗してもその場ですぐに着替えをさせてくれるんだな」と安心感を抱かれる人も多いでしょう。
  • 先生目線からも考えることが大切
    選ばれる園であるために、子どもや保護者からの評価が高いことだけでなく、実際に毎日その場で保育する先生の目線から設計を考えることも大切です。
    すべての子どもたちを見守れるように死角がないか、動きやすい動線であるか、気持ちよく働ける空間であるか、などを考慮する必要があります。

園に求められる環境とは

  • 安全で安心して任せられること
    求める保育理の方針がぴったりの園が見つかっても、安全が保障されていなければ、安心して預けることはできません。安全であることはどんな園にも求められる要件です。警備員の常駐や、園舎の耐震性など子どもたちのために安全な環境が整っていることが重要です。
  • のびのびと過ごせること
    狭い空間に何人もの子どもたちが保育されている環境では、十分に運動ができず、子どもたちのストレスがたまってしまいます。雨の日でも屋内で遊べる十分なスペースがあるかが重要なポイントです。
    面積が狭くても廊下や半野外空間を有効に活用するなどして、のびのびと子どもたちが過ごせる環境づくりが必要です。
  • 環境にやさしいこと
    化学物質を含む内装材などを用いると、シックハウス症候群など子どもや職員の体調不良につながる可能性があります。
    環境に優しい園は、子どもたちの心身の健康によいだけでなく、情操教育の面でも有効ですので、無垢材や紙・土(珪藻土など)といった自然素材を使ったり、化学物質を含まない塗料を使ったりすることで子どもたちの成長に良い影響を与えます。
    また、園内に花壇や農園などを作り、花を育てたり、自分たちで作った野菜を食べるということも環境にやさしく、食育にもなります。/div>

選ばれる園になるための差別化ポイントとは

前述した園に求められる環境を整えた上で、プラスαの要素を取り入れることで他の園と差別化を図ることができます。「求められる環境」+「ここならではの強み」で選ばれる園になりましょう。

  • バイリンガル保育
    ネイティブスタッフを起用し、日本語と英語の両方を取り入れる保育です。子どもは吸収力が早いので、小さいうちから耳から聞いて慣れることでリスニング力のアップにつながります。
  • モンテッソーリ教育
    モンテッソーリ教育とは、大人が一方的に教える教育ではなく、子どものやりたい気持ちを尊重し、自発的に取り組むよう促す教育です。
  • スポーツに力を入れた保育
    園に温水プールや体操ジムが併設しているなど、運動することで、心身共に健康を目指し、チームプレーなどを通じて協調性を育みます。園児の間は習い事の要素が強いスポーツを日常の保育で取り入れます。
  • 自然や文化など地域性を取り入れた保育
    田植えや、畑仕事など自然と触れ合いながら心身を育みます。また、給食に地域産の食材を使用したり、地域の人と触れ合えるイベントなどを積極的に行ったり、自然や地域の文化などを学びながら成長します。
  • 病児保育がある
    共働きが多い中、子どもの病気で仕事を休めない人も多くいます。保育園に病児専用の保育室が用意されていれば心強く、保護者としても安心です。

LATEST

カリタス幼稚園新園舎の
コンセプト動画公開!
PROJECT 2021.02.22
カリタス幼稚園新園舎
可能性の種に満ちあふれた新園舎の提案
STORY 2020.12.20
MIWA木場公園保育園新築工事
都市公園と子育て施設共存の可能性を求めて
STORY 2020.12.20
MIWAたばた保育園新築工事
それぞれの理念実現までの歩み
STORY 2020.12.20
まなべ幼稚園
江東区で創立60年という歴史ある幼稚園の建て替え計画
PORTFOLIO 2020.12.20
MIWA木場公園保育園の設計が
キッズデザイン賞を受賞
NEWS 2020.12.20
【子ども施設NOW】
保育園の開業ニーズがあるのはどの地域?
地域の探し方、立地条件の選び方
COLUMN 2021.01.29
【子ども施設NOW】
保育園経営をはじめるまえに
知っておきたい経営のメリット
COLUMN 2020.12.31
みらいえ保育園シリーズ4園
物件探しから、共に発展するシリーズ園
PORTFOLIO 2020.12.20
【子ども施設NOW】
子ども施設の新たなカタチ
認定子ども園
COLUMN 2020.12.30
【子ども施設NOW】
幼保連携型認定子ども園の建築基準の課題
COLUMN 2020.12.30
【子ども施設NOW】
保育園を開業するならいつ?
最適な時期を売上と人材の視点から考える
COLUMN 2021.01.16
【子ども施設NOW】
自由度の高さが魅力!
保育園設計は建築家への依頼がおすすめ
COLUMN 2021.01.16
こどものこころ保育園
はなひらく保育園
複合用途施設
PORTFOLIO 2020.12.20
らる保育園シリーズ11園
八百屋さんが
保育園に変身
PORTFOLIO 2020.12.20
みんなのとことこ
子育て広場のある
小規模保育園
PORTFOLIO 2020.12.20
【子ども施設NOW】
保育園経営をはじめるまえに知っておきたい設置基準
COLUMN 2020.12.31
ドリームキッズランド保育所
地上4階建てのRC建築
PORTFOLIO 2020.12.20
【子ども施設NOW】
どんな園が求められる?
選ばれる保育園・幼稚園になるために差別化を
COLUMN 2021.01.31
【子ども施設NOW】
開業するなら子ども園?
子ども・子育て支援新制度とは
COLUMN 2021.01.29
いずみ学童くらぶ
「和」の要素を取り入れた
都市型学童クラブ
PORTFOLIO 2020.12.20
【子ども施設NOW】
開業するなら認可か認可外か?
保育園の種類と選び方
COLUMN 2021.02.01