CORPORATE TOP CONTACT

子どものシアワセ空間

SOU 建築設計室 子ども施設特設サイト

STORIES

COLUMN
【子ども施設NOW】
ギフテッド教育の方針とは?
2022.05.20

INDEX

ギフテッド教育の方針は、同世代の中でも特筆したギフテッド(神から与えられた才能)を持つ子どもの才能を伸ばすことです。
スポーツやアートへの才能を持つ子どもへのタレンテッド(こちらも"才能"の意味)と合わせて、GATE(Gifted and Talented Education)プログラムと呼ばれています。

ギフテッド教育の方針を実施する3つのパターン

アメリカでのギフテッド教育は、次の3つのパターンのいずれかで実施されています。

  • 選抜クラス
  • マグネットスクール
  • 民間プログラム
  • 選抜クラス
    ギフテッド教育の実施パターンとして、学校の中での成績上位者を集めた「選抜クラス」があげられます。通常の授業で少し先の学習範囲に取り組むなど、レベルの高い内容で進められるイメージです。
  • マグネットスクール
    マグネットスクールは、地域の優秀な子どもたちを集めた公立の選抜校です。学区などにとらわれずに、入学を希望する子どもへの試験や面談、そして課外活動の実績より総合的に判断され、選ばれた子どもだけが通えます。
    地域や学校によっては、入学の選考に抽選が採用されるケースもあるようです。
    マグネットスクールは、学校ごとに異なる特色を持ちます。
    • 理数系
    • 芸術系
    • 国際バカロレア資格(IB系)
    • 小学校から高校までの一貫校
    もともとは、特定の人種や住んでいる地域に関わらず、教育の機会を均等にする目的で設立されたのが、マグネットスクールの始まりです。
  • 民間プログラム
    民間プログラムとは、学校の休日(土曜日や日曜日、夏休みなどの長期休暇)に、大学や民間の教育機関で開催されるギフテッド教育の一種です。民間プログラムで選べる科目の例は以下のとおりです。
    • 文系(読解力の向上やエッセーの創作など)
    • 理系(幾何や上級代数など)
    • IT系(プログラミングやロボット工学など)
    • サイエンス系(科学や物理など)
    • 社会系(政治や歴史など)
    標準テスト(英語や数学の基本問題)で一定以上の成績を記録することが、民間プログラムを受講するための条件です。その他、過去のポートフォリオや学校の成績表、担任教諭からの推薦状の提出による審査も実施されています。
    民間プログラムは、マグネットスクールなどの公立校と異なり、受講費用がかかります。例えば、サマースクール(3週間ほどの期間)の場合、日本円で20万円~30万円が目安となります。宿泊費用も含めると30万円~50万円となるケースもあります。

ギフテッド教育の主な2つの内容

ギフテッド教育の主な内容は次の2つです。

  • 先取り学習
  • アクティブ・ラーニング
  • 先取り学習
    先取り学習は、言葉からイメージできるように、実学年より上の学年の学習範囲に取り組むものです。仮に小学3年生であれば、小学5年生や6年生、または中学生の範囲を学ぶことになります。
  • アクティブ・ラーニング
    アクティブ・ラーニングは、自発的に学習することを表した言葉です。学んだ内容についてレポートを作成したり、グループワークやプレゼンテーションが例としてあげられます。
    ギフテッド教育では、高難度の問題をひたすら解いていくというよりも、問題を論理的に言語化し、他者にきちんと伝える、表現することが重視されていると言えるでしょう。

ギフテッドを持つ子どもに見られる4つの傾向

ギフテッドを持つ子どもには、次の4つの傾向が見られます。

  • ハイレベルな学習能力。
  • 論理的思考に長けている。
  • 純粋な好奇心にあふれている。
  • 几帳面さ(完璧主義)。
  • ハイレベルな学習能力
    ギフテッドのわかりやすい傾向のひとつに、ハイレベルな学習能力があげられるでしょう。高い集中力によって短時間で多くの物事を記憶し、速やかな応用を可能とします。
  • 論理的思考に長けている
    ギフテッドを持つ子どもは、論理的思考に長けているのも傾向のひとつです。豊富なボキャブラリーとスピーディーな判断力も加わるため、まるで大人と会話しているかのように感じるかもしれません。
  • 純粋な好奇心にあふれている
    純粋な好奇心にあふれているのも、ギフテッドを持つ子どもの傾向と言えるでしょう。興味のある分野に対して貪欲に取り組むため、驚くような成果を上げることも珍しくありません。
  • 几帳面さ(完璧主義)
    几帳面さ(完璧主義)も、ギフテッドの傾向に含まれます。学習に関してはもちろんのこと、日常のさまざまな事象にも几帳面さが発揮されるため、周囲との軋轢が生じることもあります。ただし、うまく生かせれば信頼度を高めることにつながります。

日本のギフテッド教育

ギフテッド教育は、日本では2017年9月から、東京都渋谷区で実施されています。能力の高さや才能の片鱗を感じさせるものの、周囲との関係に悩む子どもたちを対象としている点が、アメリカなどとの違いと言えるかもしれません。
他にも東大先端研(東京大学 先端科学技術研究センター)と日本財団による「異彩発掘プロジェクトROCKET」や、日本ギフティッド協会による「GIEP」、そして東京と長野の翔和学園が、ギフテッド教育の方針を打ち出しています。

LATEST

カリタス幼稚園新園舎
進行状況 (その1)
PROJECT 2022.06.30
カリタス幼稚園新園舎
進行状況 (その2)
PROJECT 2022.06.30
【子ども施設NOW】
保育におけるかくれんぼの役割とねらい
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
高いところに上りたがる幼児の心理とその対策
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園における木陰の役割
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
楽しい泥遊び。保育でのねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園で生き物を飼育するねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育における絵本環境の重要性について
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育における食事のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園での野菜栽培のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園で花を育てるねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
砂遊びをさせる保育のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
水遊びをさせる保育のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園におけるボール遊びのねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でリズム遊びを活用するメリットとは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でクレヨン遊びを行うメリットやその効果
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でシール遊びを取り入れるメリットやその効果
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でマグネット遊びを取り入れるメリットやその効果
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育で虫探しを実施する狙いと具体的な方法
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育で山遊びを取り入れる狙いと楽しみ方
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
ごっこ遊びを保育で取り入れるねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園におけるトイレトレーニング
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
レッジョエミリアの教育方針とは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
ギフテッド教育の方針とは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
シュタイナーの教育方針とは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
モンテッソーリの教育方針とは?
COLUMN 2022.05.20