CORPORATE TOP CONTACT

子どものシアワセ空間

SOU 建築設計室 子ども施設特設サイト

STORIES

COLUMN
【子ども施設NOW】
保育園での野菜栽培の
ねらいについて
2022.05.20

INDEX

今の子どもたちは情報にあふれた世界で暮らしています。外での遊びは減少し、自然と触れ合う場面も少なくなりました。
そこで野菜栽培を取り入れ、自然との触れ合いを大切にしようと考える保育園が増えてきました。野菜栽培には「見る」「触れる」「食べる」といった子どもたちの楽しみが詰まっています。

園における子どもたちの野菜栽培とは?

自然との関わりは子どもの発達を促す重要な要素です。自然の大きさ、美しさ、不思議さに触れると心が安らぎ、思考力や表現力の基礎ができると言われています。幼児期から自然と触れ合う機会を多く持つと、五感が刺激され好奇心に富んだ子どもに育ちます。
ところが生まれ育った環境が都会に近いほど、自然と触れ合う機会は少なくなる傾向があります。畑やビニールハウスを目にしたことのない子どももたくさんいます。
例えば普段、自分たちが口にする野菜にしても、どこで生まれどんなルートをたどってここにあるのか、知らずに育つ子どもも多いでしょう。
スーパーに並んだ野菜を見ることはあっても、土に種を植え、実になったものを収穫し食べていることは知らないまま。そんな子どもたちにとって保育園での野菜栽培は、うれしい経験となるでしょう。
野菜が育つところを実際に見て触れて、最後に食べる喜びを味わいます。子どもたちは栽培の過程で、たくさんの役割に挑戦し多くのことを学びます。

野菜栽培で子どもたちが得る経験

種や苗の状態からの栽培で、子どもたちは野菜がどのように育つかを知ることができます。水やりをして、少しずつ大きくなる様子を観察するうち、「野菜は生きている」という実感を得るでしょう。
水をあげるとイキイキしますが、怠ると野菜の元気がなくなることを覚えていきます。日増しに野菜に対する愛着が強まり、育てることへの思い入れが深くなっていくでしょう。それは「いのちの大切さ」を知る貴重な経験につながります。
栽培環境や天候に左右されて野菜がうまく育たない場合、図鑑で調べ、まわりの大人に話を聞くなど、それぞれの子どもが協力し合い情報を集める場面もあるでしょう。
「どうすればうまく育つかな?」と試行錯誤することは、さまざまな学びとなって残るはずです。
野菜嫌いの子どもや、苦手な野菜のある子どもも少なくありませんが、自分で育てた野菜を収穫することで、意識に変化が生まれるかも知れません。
園で収穫した野菜が調理され、目の前に現れる時、「僕が育てたキュウリ!」「私が育てたトマト!」と喜ぶ子どもたちの声が聞こえてきそうです。栽培したことがきっかけで、野菜嫌いを克服できる子どももいるようです。

保育園での野菜栽培の事例

順調に育てる工夫も大切ですが、収穫できるまで育てきることが野菜栽培における一番の目的です。失敗を避けるためにも、病害が少なく育てやすい品種を選びましょう。ています。子どもが「食事の時間」という意識を持ち、食に集中できる形状。他の部屋とは異なる工夫が求められます。

  • キュウリ
    キュウリは多くの保育園で育てられている夏野菜です。害虫に強い品種が多く、プランターでの栽培も可能です。
    種まきから収穫までの期間は約2カ月。かわいい黄色の花を咲かせて子どもたちを喜ばせてくれます。実が大きくなるペースが早く、収穫回数が多いのも魅力です。
  • ピーマン
    ピーマンは種まきから収穫までの期間が約4カ月と長めです。野菜の成長を長期にわたって楽しむメリットもあり、やりがいを感じる品種と言えます。たくさんの実をつけるため、人数の多いクラスでも収穫や料理を楽しめます。
    ピーマンは子どもが苦手な野菜の代表格かも知れませんが、長い栽培期間の中で食べたい気持ちが湧くことを期待しましょう。
  • サツマイモ
    広い畑を用意できる保育園にはサツマイモ栽培がおすすめです。乾燥や暑さに強く、やせた土地でも育つ丈夫な作物です。
    種まきから約4カ月後が収穫期です。「お芋ほり」は保育園で行われる秋の一大イベントとして子どもたちにも好評です。土の匂いや手触りを感じながら「どこにあるかな?」と宝探し感覚の収穫が楽しめます。

野菜栽培で得られる一体感

栽培した野菜を使ったメニューで給食を出すと、育てた自分たちと調理をしている人たちとの連帯を子どもなりに実感するようです。「今日のご飯はおいしかった」という声かけが日常的にできるようになるなど、感謝の気持ちが育つことになるでしょう。
野菜の収穫期が近づく頃、保護者に参加を呼びかける保育園もあります。当日は野菜栽培の活動報告をして、子どもたちのがんばりを伝えます。親子で給食を一緒に味わい、園の食事を知ってもらう機会になります。子どもが食材や調理に興味を示し、食べる意欲が高まる様子を保護者と共有しましょう。

野菜栽培を通した自然体験の必要性

「自然は人間の苗床」と言われます。さまざまな情緒や豊かな感受性を育てる自然体験の場を保育園に設けましょう。広い園庭がない場合でも、プランター栽培なら手軽に始められます。プランターをベランダに置けば、すくすくと成長する姿を間近に見ることができます。
プランターに適した野菜を選びましょう。春に種をまくミニトマト、キュウリ、ナス、枝豆。秋に種をまくダイコン、ほうれん草、水菜などです。
牛乳パックを切って、縦に根が伸びる野菜を育てる方法もあります。ミニニンジンやカブなどは、3歳児くらいの子どもでも楽しめる食育活動となるでしょう。
野菜を育てる楽しさや大変さを体感すると、自然の恵に感謝する気持ちが芽生えます。ようやく収穫できた時の喜びや達成感が味わえます。自分で育てた成功体験は子どもの自信につながるでしょう。

LATEST

カリタス幼稚園新園舎
進行状況 (その1)
PROJECT 2022.06.30
カリタス幼稚園新園舎
進行状況 (その2)
PROJECT 2022.06.30
【子ども施設NOW】
保育におけるかくれんぼの役割とねらい
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
高いところに上りたがる幼児の心理とその対策
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園における木陰の役割
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
楽しい泥遊び。保育でのねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園で生き物を飼育するねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育における絵本環境の重要性について
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育における食事のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園での野菜栽培のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園で花を育てるねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
砂遊びをさせる保育のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
水遊びをさせる保育のねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園におけるボール遊びのねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でリズム遊びを活用するメリットとは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でクレヨン遊びを行うメリットやその効果
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でシール遊びを取り入れるメリットやその効果
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育でマグネット遊びを取り入れるメリットやその効果
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育で虫探しを実施する狙いと具体的な方法
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育で山遊びを取り入れる狙いと楽しみ方
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
ごっこ遊びを保育で取り入れるねらいについて
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
保育園におけるトイレトレーニング
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
レッジョエミリアの教育方針とは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
ギフテッド教育の方針とは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
シュタイナーの教育方針とは?
COLUMN 2022.05.20
【子ども施設NOW】
モンテッソーリの教育方針とは?
COLUMN 2022.05.20