子どもも大人も居心地がいい もう一つの家

SOU建築設計室の保育園、幼稚園、こども園設計

子どもの笑顔が
地域の未来を描き出す

子どもたちの安心と、先生たちの働きやすさが両立する空間
それが私たちのコンセプトです

「施設」ではなく、子どもの生活や成長・発達、遊びや保育をデザインするという姿勢を大切に ー そんな気持ちを込めて、子どもたちが「もう1つの家」として安心して過ごせる場所を目指します。そして、子どもたちの未来を先生たち、保護者の皆様、そして地域の方と一緒に考え、創っていきます。
完成した建築空間は、各園が理念として掲げる「保育のコンセプト」を体現した、日々の子どもの過ごし方を映すものになるはずです。そしてその場所が、子どもたちを支える先生たちにとっても素敵な場所であってほしい...そんな「こども施設」をひとつ一つ丁寧に育てていきます。

SOU建築設計室が設計した「MIWA木場公園保育園」が第12回キッズデザイン賞を受賞しました!

キッズデザイン賞は、子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・空間・サービス・活動・研究を対象とする顕彰制度です。今回、国家戦略特区制度を活用して都立木場公園内に建設した保育園保育園「MIWA木場公園保育園」の設計が本賞を受賞しました。

おしらせ

C学園の幼稚園新園舎では、子どもたちの教育がより一層有意義になるような空間計画が求めらるとともに、既存の園舎を使用しながら新園舎を建設し、小学校、中学高等学校などと一体的な関係性を考慮するという厳しい条件が求められました。SOU建築設計室では、活動の場の多様性と一貫性を両立しつつ、学園の精神や教育理念を体現する斬新なプランを提案。一次・二次の審査を経て設計者に選定されました。